鳥居本お宝発見隊

滋賀県彦根市の「鳥居本お宝発見隊」は、鳥居本宿のかつての賑わいをとりもどし、新たなまちの活力を見出すことを目的として結成されました。鳥居本の情報を発信していくブログです。

お知らせとりいもと宿場まつり鳥居本のおいたちアクセス
2014-09-17-Wed-09-00

お宝発見隊 9月のブログ ④

お宝短信:文化財指定の記念講演と両家の公開について  

  14日(日)の午後、 寺村家、岩根家の文化財指定の記念講演会が旧鳥集会所(自然斎旧宅)にて開催され、続いて両家住宅の一部が公開されました。  
   
    彦根市教育委員会・文化財部文化財課の深谷覚(さとる)氏を講師にお迎えしての記念講演です。
 題して、「文化財建造物の調査報告について」~寺村家住宅、岩根家住宅~
IMG_8046_convert_20140916235905.jpg
  59名の参加者で会場はもう一杯! 
IMG_8039_convert_20140917000000.jpg IMG_8040_convert_20140917000132.jpg

 前もって―鳥居本の文化財に親しもう!ーの告知もあって、このうち市外の方が15名(遠く名古屋からも!)


 講演の前にお宝発見隊の石川代表のあいさつ
IMG_8044_convert_20140917000242.jpg

 鳥居本の街道筋には国の重要文化財、国の登録有形文化財、市の指定文化財が6件登録・指定されています(このブログでもご紹介済み)
 講演では先ず、文化財(国、県、市それぞれの指定)について述べられ、そして登録有形文化財とは、またその登録対象はどういったものかに続いて、彦根市の文化財について詳細に述べられ、鳥居本地域の文化財建造物指定状況についてもスライドを使って報告されました。
IMG_8051_convert_20140917000405.jpg IMG_8054_convert_20140917000455.jpg


鳥居本地域の文化財建造物指定状況
IMG_8055_convert_20140917000538.jpg 


会場は熱心に聴き入る人たちでいっぱい
IMG_8058_convert_20140917000630.jpg


 ①岩根家住宅の調査報告に続き、建物の概要が1F2Fの平面図、断面図で紹介され、中でも興味深いものとして当家には家相図が現存していることです・・・現在の方位学に通ずるものです。

今回紹介された岩根家住宅の前景
IMG_8082_convert_20140917001105.jpg 
(合羽所「木綿屋」の大きな看板)

1階平面図(縮尺:1/100)
IMG_8056_convert_20140917001153.jpg
随分部屋数の多いこと

 IMG_8057_convert_20140917001233.jpg
家相図は間取りの中心を決め、24方位が記されている

 1階と2階の間取り・構造について、今回の記念講演を機会に普段見ることのできないところまで紹介されました。
IMG_8066_convert_20140917001320.jpg 
玄関を入ったところ、シンプルでしっとりした感じです

 IMG_8073_convert_20140917001437.jpg 
立派な屏風が並ぶ座敷の間

IMG_8075_convert_20140917001528.jpg
先代の作品が並んでいます

 IMG_8071_convert_20140917001624.jpg 
玄関の暖簾の向うには、ヴォーリズ邸の寺村家住宅

 IMG_8077_convert_20140917001720.jpg 
このようなアングルで撮れるのは今日だけ

 
IMG_8104_convert_20140917001812.jpg 
当家の説明に聴き入る


IMG_8107_convert_20140917001904.jpg
 
岩根順子さん



 ②寺村家住宅の調査報告に続き、建物の概要が1F2Fの平面図、立面図をもって紹介されました。
IMG_8026_convert_20140917002037.jpg 
寺村家住宅の前景

IMG_8059_convert_20140917002133.jpg IMG_8060_convert_20140917002226.jpg  

  1.2階が和室中心の住宅ではありますが、玄関脇の応接間(暖炉を構えた正に洋風の造り)、2階にあがる階段手摺りなど重厚な造りで、いたるところにヴォーリズ建築の特徴をみることができます。
IMG_8030_convert_20140917002321.jpg

2階納戸の格子の向うに、岩根家住宅が見えます
 IMG_8095_convert_20140917002718.jpg 

IMG_8079_convert_20140917002808.jpg IMG_8096_convert_20140917002901.jpg 



IMG_8097_convert_20140917003001.jpg IMG_8099_convert_20140917003114.jpg 
2階に上がったところの重厚な手摺り・・・この洋風の空間と純粋な日本の座敷が共存する寺村家住宅


IMG_8102_convert_20140917003156.jpg 

 
ヴォーリズ邸としての建築当初の計画は、先の戦争の影響で計画が大幅に変更され、現在見る姿にとどまっている・・・この講演の機会なくしては、知りえないことです。
IMG_8086_convert_20140917000734.jpg 
講演を終えられた講師の深谷氏には大きな拍手が


IMG_8089_convert_20140917000826.jpg IMG_8092_convert_20140917000905.jpg
講演のあと文化財の見学に向かう人たち

  講演に続く両家の公開(建物の一部)では、ブログ記者も見学させてもらいカメラのファインダを通し、文化財の維持管理に今後もご苦労されるんだなあ・・・2つの文化財をあとにしながら両家に思いを寄せたブログ記者でした。




  
 

COMMENT

2014-09-20-Sat-23-03

大盛況でした

県外の方も来られてましたか。良かったですね。さあ宿場まつりも沢山の方にお出ましいただきましょう。
2014-09-23-Tue-18-55

ウォーリズさんってそんなにすごい人とは、知らなかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://toriimototdp.blog.fc2.com/tb.php/80-12260753